兵庫県神戸市  相続、会社設立、簡易裁判手続き、本人訴訟支援、成年後見、不動産登記は 川崎司法書士事務所へ。  
 無料相談をご利用ください。
川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所
 
残された方々の手続き

相続財産の計算


  相続税はすべての人が納めなくてはならない税ではありません。
  統計によれば、相続税の申告をした人は、相続した人全体のおよそ5%程度の人たち
  だけという結果が出ています。
  ただし、相続税は、相続した人ばかりではありません。
  遺言によって財産をもらった人にも相続税の支払い義務があります。
  相続税は累進課税制度になっていて、計算は複雑です。
  以下に簡単な計算の方法を書きました。
相続する方ひとりひとりが、実際に取得した財産の額に、生前贈与などで以前にもらった分や、 死亡退職金などのいわゆる「みなし相続財産」をプラスして、それから今度は個人の残した借金などの債務や、非課税財産をマイナスして、最後にそうして出た各個人の金額を合算します。
すると、「正味の」相続財産の総額が出てきます。

  「正味の」相続財産の総額、から 
  基礎控除される額(5,000万円+1,000万円×法律で決まった相続人の数)
  を差し引きます。

そうして出たのが「税金のかかる」相続財産の総額です。
ただ、差引きしたこの時点で総額がマイナスになるようでしたら、相続税はかかりません。ここで、終了です。
プラスになるようでしたら、今度はその額を相続財産総額に対する各個人の相続財産額に応じて割って、最後に各個人の「課税される」相続財産の額を出し、その額に応じて以下の表にある相続税の税率が適用されます。
ですが、相続財産の計算にはさまざまな特例措置があり、実際の計算は非常に複雑ですので当事務所では専門家に依頼されることをおすすめします。

各相続人の取得価格 税 率 控除額
1000万円以下 10% なし
1000万円超3000万円以下 15% 50万円
3000万円超5000万円以下 20% 200万円
5000万円超1億円以下 30% 700万円
1億円超3億円以下 40% 1700万円
3億円超 50% 4700万円



相続TOP > 遺言書を残そう! | 遺言書の種類 | 相続税対策 |
相続手続きの流れ | 誰が相続人になるの | 相続するしないは本人の自由 |
財産はどう分けるの? | 相続財産の計算 | 重要なのは名義変更
 Copyrights(c)2001-2008 川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所 All Rights Reserved