兵庫県神戸市  相続、会社設立、簡易裁判手続き、本人訴訟支援、成年後見、不動産登記は 川崎司法書士事務所へ。  
 無料相談をご利用ください。
川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所
 
残された方々の手続き

相続する・しないは本人の自由!!


  「相続」は人が死ぬと同時に自動的に始まります。たとえこれは誰が死んでも同じです。
  ただ、だからといって残された相続人の方は必ず強制的に財産を引き継がなければ
  ならないわけでもなく、財産を「相続する・しない」ことを選択することもできるのです。
  というのも相続する人が引き継ぐ「財産」は預貯金や不動産など【プラスの財産】だけ
  でなく故人の借金や、故人が他人から損害賠償請求をされている場合の賠償金など
  負債である【マイナスの財産】も相続します。
  場合によっては差し引きマイナスになってしまうこともあります。
  相続しないことを一定の条件のもとに認めないと、強制的に故人の残した巨額の借金を
  背負うことになりますので「限定承認」「相続放棄」という方法があるのです。

 限定承認とは


  相続した財産の範囲で故人の借金を返し、余りがあればそれを相続するというのが
  限定承認です。
  ただし相続人が2人以上いる場合は相続人全員で限定承認する必要があります。

 相続放棄とは


  財産すべてを一切相続しないというのは相続放棄です。
  財産すべて故人の借金の返済に使ってもなお借金が残るような場合には相続放棄を
  お勧めします。
ただし

  但し、どちらも自分が相続人であることを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述
  しなければなりません。

 注意!!上記手続きをせずに相続の開始を知った時から3ヶ月経過してしまうと
自動的に相続を承認したことになるのでマイナス遺産の方は注意が必要です!


相続TOP > 遺言書を残そう! | 遺言書の種類 | 相続税対策 |
相続手続きの流れ | 誰が相続人になるの | 相続するしないは本人の自由 |
財産はどう分けるの? | 相続財産の計算 | 重要なのは名義変更
 Copyrights(c)2001-2008 川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所 All Rights Reserved