兵庫県神戸市  相続、会社設立、簡易裁判手続き、本人訴訟支援、成年後見、不動産登記は 川崎司法書士事務所へ。  
 無料相談をご利用ください。
川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所
 
残された方々の手続き

誰が相続人になるの?


  奥さんと子供など一定の血族には、法律により、相続財産や背負ってしまった借金など
  相続するべき割合(法定相続分)が定められています。
  このような人たちのことを法律では法定相続人と呼んでいます。
  相続人は相続の開始したことや相続財産・債務がどの程度あるか知っている知って
  いないに関わらず、すべての財産や借金を相続することになります。

  配偶者は常に相続人になります。

第1順位 配偶者と子 配偶者2分の1、子2分の1
*養子も実子と同じように相続人です。
第2順位 配偶者と直系尊属 配偶者3分の2、直系尊属3分の1
第1順位 配偶者と兄弟姉妹 配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1



相続TOP > 遺言書を残そう! | 遺言書の種類 | 相続税対策 |
相続手続きの流れ | 誰が相続人になるの | 相続するしないは本人の自由 |
財産はどう分けるの? | 相続財産の計算 | 重要なのは名義変更
 Copyrights(c)2001-2008 川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所 All Rights Reserved