兵庫県神戸市  相続、会社設立、簡易裁判手続き、本人訴訟支援、成年後見、不動産登記は 川崎司法書士事務所へ。  
 無料相談をご利用ください。
川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所
 
自分がいざとういう時

 遺言書の種類


  遺言書といっても、様々な種類があり、それぞれ特徴があります。
  下の3つのパターンをよく確認しておくとケースにそった有効な遺言が残せるはずです。

 @ 自筆証書遺言

  「最も簡単な遺言方式です。
  費用をかけずに作成することができ、証人も不要ですので自分一人で作成できます。
  そのため、作成やその内容を秘密にしておくことができます。

  しかし、素人の方が作成するので、遺言の要件が満たされてなかったり、法律の定めに
  違反していたり、内容があいまいな場合は遺言が無効になる場合があります。
  またいい加減に保管しておくと失くしたり、誰かが見つけて遺言を隠されてしまう可能性も
  あります。
  そこで当事務所に預けておくという方法をお勧めします。
  もし遺言の一部又は全部を変更したくなった時は相談しやすいですし、「遺言執行者」と
  して頼む時にも内容を知ってるので依頼しやすいと思います。

  ※遺言執行者とは自分が居なくなった後にきちんと遺言で決めたことが実行される
  ように、遺言を実行してもらう人「遺言執行者」を遺言で指定することができます。

  是非当事務所にご相談下さい。

 A公正証書遺言

  公証人が遺言者から内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。
  遺言が無効になることや、偽造の恐れもありませんし、相続開始の際に家庭裁判所の
  検認も要りません。
  また原本を公証人役場で保管するので失くしてしまっても再発行してくれますし、誰かに
  隠されたりすることもありません。

  作成の際には公証人役場の手数料と作成の際証人が必要になります。
  適格な証人が見つからないときは、秘密保持義務が課せられてる法律専門家である
  司法書士に依頼することをお勧めします。
  是非当事務所にご相談下さい

 B秘密証書遺言

  ほとんど使われてませんが、遺言の内容を誰にも知られたくない場合に使われます。
  内容は秘密にできますが、作成後それが秘密証書遺言であることを公証人と証人に
  証明してもらわなければなりません。
  また内容を他人が見ることができないので、公正証書遺言より秘密性が高いですが、
  遺言書の保管について公証人が関与しないので偽造・変造・隠匿・汚損・破棄・紛失の
  おそれが全くないとはいえません。
  そのような理由もあってか、秘密証書遺言は現実にはほとんど利用されていないよう
  です。


相続TOP > 遺言書を残そう! | 遺言書の種類 | 相続税対策 |
相続手続きの流れ | 誰が相続人になるの | 相続するしないは本人の自由 |
財産はどう分けるの? | 相続財産の計算 | 重要なのは名義変更
 Copyrights(c)2001-2008 川崎 司法書士・土地家屋調査士 事務所 All Rights Reserved